プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

m-PPE(変性ポリフェニレンエーテル)樹脂 物性表

m-PPE(変性ピーピーイー)樹脂の物性の詳細について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. エンプラ
  6. mPPE
  7. 物性表

変性PPE: バランス良い機械的物性、良好な電気的特性

m-PPE(変性ポリフェニレンエーテル)の略号・名称

変性PPE 材料
  • 略号m-PPE (modified Poly Phenylene Ether)
  • 名称変性ポリフェニレンエーテル
  • 呼称変性ピーピーイー。米GE社の商品名「ノリル®」とも呼ばれる。
  • 備考また、発明当初の呼称「変性PPO」とも呼ばれる。

 

m-PPE(ポリフェニレンエーテル)樹脂の物性値 (引用資料*1)

  単位 ASTM
透明性 - - 不透明

物理的・機械的性質

比重 - D792 1.04~1.09
引張強さ MPa D638 66
破断時伸び % D638 60
引張弾性率 MPa D638 2,500~2,600
圧縮強さ MPa D638 113
曲げ強さ MPa D638 66~96
衝撃強さ (アイゾット ノッチ付) J/m D638 267
硬度 (ロックウェル) - D785 R118~120
硬度 (ショア) - D2240 -

熱的性質および成形時の性質

線膨張率 x10-5/℃ D696 3.3~7.7
荷重たわみ温度 (1.81MPa) D648 107~149
成形温度 (射出成形) - 220~350
成形温度 (押出成形) - 240~270
成形収縮率 % - 0.5~0.7

電気的性質

体積抵抗率 Ω·cm D257 >1017
絶縁破壊強さ KV/mm D149 20~28
誘電率 106Hz D150 2.6
耐アーク性 sec D495 75

化学的性質および燃焼性・吸水性

耐酸・耐アルカリ性 - D543 侵されない
耐溶剤性 - D543 芳香族、塩素化炭化水素に膨潤または溶解
燃焼性 mm/min D635 自消性
吸水率 重量% D570 0.06~0.12

 


【引用資料*1】 「プラスチック読本」(株式会社プラスチックス・エージ)
掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ