プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

プラスチックの耐薬品性 プラスチックの基礎

主なプラスチックについて、酸・アルカリ・溶剤などに対する耐性を比較。

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 耐薬品性

 

汎用樹脂・エンジニアリングプラスチックの耐薬品性(10段階評価)

数字が大きいほど、耐薬品性がよい。 (下記評価数値は相対数値です。また、応力や温度条件、薬品の組合せなどの使用条件によって変わりますので、大まかな目安としてください。)

熱可塑性プラスチックの耐薬品性

プラスチック名 有機溶剤 塩類 アルカリ 酸類 酸化
PVC ポリ塩化ビニル (硬質) 5 10 10 10 9
PVC ポリ塩化ビニル (軟質) 4 10 10 10 6
PVDC ポリ塩化ビニリデン 5 10 10 10 7
PE ポリエチレン 7 10 10 10 8
PP ポリプロピレン 7 10 10 10 8
PS ポリスチレン 2 10 10 10 4
ABS樹脂 4 10 8 9 4
PMMA メタクリル樹脂(アクリル) 3 10 5 9 4
N66 ナイロン66 7 10 7 3 2
POM ポリアセタール 9 10 3 3 3
PC ポリカーボネート 3 10 1 7 6
PVDF ポリフッ化ビニリデン 7 10 10 10 10

熱硬化性プラスチックの耐薬品性

PF フェノール樹脂 (成形) 9 10 3 10 4
PF フェノール樹脂 (強化) 9 10 3 10 4
UF ユリア樹脂 (成形) 8 10 8 7 4
MF メラミン樹脂 (成形) 8 10 8 7 4
UP 不飽和ポリエステル (耐薬品性) 6 10 5 8 6
UP 不飽和ポリエステル (強化) 6 10 4 7 8
EP エポキシ樹脂 (強化) 6 10 7 9 2
SI シリコーン樹脂 3 5 4 3 1
PUR ポリウレタン樹脂 8 10 6 6 4

スーパーエンジニアリングプラスチックの耐薬品性(4段階評価)

数字が大きいほど、耐薬品性がよい。 (下記評価数値は相対数値です。また、応力や温度条件、薬品の組合せなどの使用条件によって変わりますので、大まかな目安としてください。)

スーパーエンプラの耐薬品性

プラスチック名 有機溶剤 アルカリ 酸類 鉱物油 植物油
PSU ポリスルホン 1 4 4 3 3
PES ポリエーテルスルホン 2 3 3 3 3
PPS ポリフェニレンサルファイド 4 4 3 4 4
PAR ポリアリレート 1 2 2-3 3 3
PAI ポリアミドイミド 4 4 4 4 4
PEI ポリエーテルイミド 3 4 4 3 4
PEEK ポリエーテルエーテルケトン 4 4 3 4 4
PI ポリイミド
LCP 液晶ポリマー 4 3-4 3-4 4 4
PTFE ポリテトラフロロエチレン 4 4 4 4 4

【参考文献】 タキロン工業用材料「物性と設計」  ※ 掲載情報の活用上のご注意。