プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PP(ポリプロピレン)樹脂 基本情報

PP(ポリプロピレン)樹脂の物性の基本情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. 汎用樹脂
  6. PP

PPポリプロピレン樹脂: 軽量で繰り返し折り曲げに強い樹脂

PP(ポリプロピレン)の略号・名称

ポリプロピレン PP 材料
  • 略号PP (Polyepropylene)
  • 名称ポリプロピレン樹脂
  • 呼称略号そのまま「PP」と呼ばれる事が多い。
  • 外観自然色: 乳半色

 

PP(ポリプロピレン)の化学式

(CH2CHCH3)n

PPの構造式

プロピレンの重合体(ポリマー)であり、
その繊維は最も軽く、水に浮く。

 

PP(ポリプロピレン)の物性の特徴

PPポリプロピレンの性質は、PEポリエチレンに類似するところが多い。 引っ張り強さ、ストレスクラッキング性、透明性などの点においてはPPの方が優れる。

軽量である 比重が小さい 0.93~0.96
多くのプラスチックの中でも比重の小ささはトップクラス。
熱可塑性に優れている 成形性が良く、リサイクルも可能
繰り返しの折り曲げに強い ヒンジ特性に優れている。
食品衛生性に優れる 食品衛生法に適する。
ストレスクラッキング性が良い 薬剤[環境剤]と応力によって破壊されにくい。
表面外観がきれい 傷がつきにくく、光沢も良い。
生体適合性が良い 体内に埋め込む医療部品としての用途がある。

掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ