プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

プラスチックの分類 プラスチックの基礎

たくさんのプラスチックを分類してみると把握しやすくなります。

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. プラスチック分類

 

 

プラスチックを分類して大まかな性質を理解

プラスチックの分類の解説

熱可塑性樹脂

常温では固体であるが、熱を加えると軟化して流動体となり、また冷えると固まって固体になるもの。 ポリエチレンや塩化ビニルなどがこれに当たります。

汎用プラスチック

価格が安く、雑貨・包装・農業用に大量生産されます。PE,PP,PVC,PSなど。

エンプラ (エンジニアリングプラスチック)

機械的強度にすぐれ、力のかかる用途(構造材・機構部品・強度-絶縁部品)などにも用いられます。  主鎖が炭素元素だけの汎用プラスチックにくらべ、他の非炭素元素やベンゼンも含むため、各種機能が高く、値段も高くなります。  ただし、無機薬品(酸・アルカリ)に対する耐性は、非炭素元素と反応しやすいため、侵され易い場合が多い。

スーパーエンプラ (スーパーエンジニアリングプラスチック)

エンプラの中で、特に耐熱性等に優れたもの。

熱硬化性樹脂

温度を上げると一時は流動体になるが、次第に化学変化を起こして固まり、硬い物質に変化してしまうもの。 フェノールやユリヤ樹脂などがこれに当たります。