プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PUR (ポリウレタン)樹脂 基本情報

PUR(ポリウレタン)樹脂の物性の基本情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱硬化性樹脂
  5. PUR

ポリウレタン樹脂: 繊維、ゴム発砲体、塗料、接着など多様

PUR ポリウレタン樹脂の略号・名称

PUR ポリウレタン樹脂 材料
  • 略号PUR (Poly Urethane resin)
  • 名称ポリウレタン樹脂
  • 呼称一般的に「ウレタン」と呼ばれる。
  • 備考※写真は、硬質ウレタンフォーム。

 

PURポリウレタン樹脂の化学式

ポリウレタン樹脂の構造式

ウレタン結合を持つポリマーの総称を「ポリウレタン」という。

 

一般的なポリウレタン樹脂の物性の特徴

基本的にジイソシアネート類とポリオール(水酸基-OHを2個以上もつ)との反応で生成するが、これら原料の種類によって樹脂の特性が大きく変わる。

長所

機械的強度
弾性、靭性に優れ、引張強さが大きい。 高硬度でも弾性を有し、傷から破壊しにくい。
耐摩耗性、耐老化性が良い。
化学的性質 耐油性、耐溶剤性に優れている。 接着性が良い。
熱的性質 低温特性に優れており、耐候性も良い。

短所

耐熱性に劣る 連続使用温度80~100℃が限界。
加水分解されやすい 水に弱い。
酸、アルカリに弱い
燃えると有毒ガスを発する

※その他、ポリオールの種類によって機械的強度の変化が大きい。



ポリウレタン樹脂の形態

発砲体 軟質~硬質まで自由に作ることが可能。
弾性体(エラストマー) 熱硬化性タイプ、熱可塑性タイプがある。
塗料・接着剤・繊維

掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ