プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PPSU(ポリフェニルスルホン)樹脂 基本情報

PPSU(ポリフェニルスルホン)樹脂の物性の基本情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. スーパーエンプラ
  6. PPSU

PPSU: 透明樹脂の中で最高の耐熱・耐薬品・強度をもつ

PPSU(ポリフェニルスルホン)の略号・名称

ポリフェニルスルホン PPSU 材料
  • 略号PPSU (PolyPhenylSulfone) ※JIS K6899-1 (又は PPSF
  • 名称ポリフェニルスルホン樹脂
  • 呼称ポリフェニルスルホン、ポリフェニルサルホン、~サルフォン
  • 外観自然色: 透明琥珀色、薄茶褐色透明

 

PPSU(ポリフェニルスルホン)の化学式

PPSUの構造式

構成分子中にスルホニル基(-SO2-)を含むポリマー。

スルホニル基の立体化学構造が、結晶化を阻害するため、スルホン系樹脂は、非晶性を保つため透明である。

スルホン(-SO2-)、エーテル(-O-)鎖で結合した芳香基(フェニレン)から構成される。

 

PPSU(ポリフェニルスルホン)の物性の特徴

長所

優れた耐スチーム性:
高温蒸気による滅菌の実用試験において、1000回以上行っても、クレージングや破壊などは発生しない。 極めて強い耐加水分解性をもつ。
優れた耐衝撃性、高い靭性:
鋭いノッチによる衝撃試験においても、耐衝撃性は殆ど劣化しない。 この点において高い耐衝撃性で知られるPC(ポリカーボネート)に似た性状であるといえる。 また、高温環境でも耐衝撃性が失われにくい。
高温時の付加に耐える:
荷重たわみ温度(1.82MPa時)が207℃と高く、高温環境下の力にも耐える事ができる。
耐薬品性良好:
酸、塩基をはじめ、幅広い薬品に対して耐性がある。 高温塩素水に長時間曝しても殆ど劣化しない。
サルホン系樹脂を侵すある種の塩素化炭化水素、芳香族溶媒、ケトン、エーテルなどに対しても、他のサルホン系樹脂に比べると耐性は良い。
難燃性
強い透明樹脂:
透明なプラスチックの中で比べると、耐熱、耐薬品、強度をもつ。
食品衛生法取得品

短所

紫外線による劣化。
濃酸、ケトン、エーテル、ハロゲン化炭化水素、芳香族系溶媒に侵される。

 


掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ