プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PAR(ポリアリレート)樹脂 基本情報

PAR(ポリアリレート)樹脂の物性の基本情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. スーパーエンプラ
  6. PAR

PAR樹脂: 透明プラスチックでは最高レベルの耐熱性

PAR(ポリアリレート)の略号・名称

ポリアリレート PAR 材料
  • 略号PAR (Poly Arylate)
  • 名称ポリアリレート樹脂
  • 外観透明(ポリカに匹敵する:透過率89%)

 

PAR(ポリアリレート)の化学式

PARの構造式

二価フェノールと二塩基酸成分との重縮合物。

 

PAR(ポリアリレート)の物性の特徴

PARは、透明の非晶性スーパーエンジニアリングプラスチック。

長所

優れた耐熱性 連続耐熱140℃、荷重たわみ175℃、ガラス転移193℃
透明性 ポリカーボネートと同等の全光線透過率:89%
機械的強度に優れる 降伏伸度が高い、耐クリープ特性、耐衝撃性、高弾性
優れた耐候性、紫外線遮蔽性
耐薬品性
難燃性である UL94V-0

短所

強酸・強アルカリには侵食される
成形時の流動性が悪い

 


掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ