プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PF (フェノール)樹脂 基本情報

PFフェノール樹脂(ベークライト)の物性の基本情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱硬化性樹脂
  5. PF

フェノール樹脂: 耐熱・難燃・絶縁。人類初の高分子材

フェノール樹脂の略号・名称

ポリブチレンテレフタレート PBT 材料
  • 略号PF (Phenol Formaldehyde)
  • 名称フェノール・フォルムアルデヒド樹脂
  • 呼称製品名「ベークライト」、または「ベーク」と呼ばれることが殆ど。
  • 外観自然色: 黄~赤褐色。 ※写真は、「布ベーク」

 

フェノール樹脂の化学式

フェノール樹脂の構造式

 

フェノール樹脂の物性の特徴

1907年、アメリカのL.H.ベークランドがフェノール樹脂の成形法の特許を取得し、1910年に工業化された。人類初めての人工高分子材料。

長所

機械的強度が優れている 特に高温時でも強度を保持
耐熱・耐寒性に優れている
寸法安定性に優れている
耐酸、耐溶剤性、耐水性が良い
難燃性、低発煙性、煙の毒性が少ない 未変性フェノール

短所

着色に限界、変色する 樹脂自体が黄~赤褐色。酸化すると赤~黒褐色に。
耐アルカリ性に劣る フェノール性水酸基があるため
耐衝撃性に劣る 未変性フェノール、硬く脆い→強化材、充填材による強化。

掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ

 

S