プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PE(ポリエチレン)樹脂 基本情報

PE(ポリエチレン)樹脂の物性の基本情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. 汎用樹脂
  6. PE

PEポリエチレン: 日用品~工業用まで幅広く用いられる樹脂

PE(ポリエチレン)の略号・名称

ポリエチレン材料
  • 略号PE (Poly Ethylene)
  • 名称ポリエチレン樹脂
  • 呼称ポリエチレン」又は「ポリエチ」と呼ばれる。
  • 外観自然色: 白色

 

PE(ポリエチレン)の化学式

(CH2CH2)n

PEの構造式

エチレンの重合体(ポリマー)であり、もっとも簡単な構造の高分子化合物である。

組成上は同じポリエチレンでも、その構造によって性質が異なってくるため、密度や分子量で数種類に分類される。 高密度ポリエチレン、低密度ポリエチレン、超高分子量ポリエチレンなどがある。

 

PE(ポリエチレン)の物性の特徴および用途

共通するのは、食品衛生性、低温特性(低温環境でも脆くなりにくい)が優れている点。


高密度ポリエチレン HDPE (High Density Polyethylene)

硬質ポリエチレンともいう。 比重0.942以上、荷重たわみ温度130℃以下。
用途: 洗剤容器、水道・ガスパイプ、魚網・漁船用ロープ、レジ袋、ビールケース


低密度ポリエチレン LDPE (Low Density Polyethylene)

軟質ポリエチレンともいう。 比重0.91-0.92、荷重たわみ温度100℃以下。
用途: ホース、食品包装、ゴミ袋、内包緩衝材(プチプチ)、マヨネーズ容器


超高分子量ポリエチレン UHMW-PE (Ultra High Molecular Weight Polyethylene)

分子量100万~700万位まで高めたポリエチレン。(通常は2万~30万。)
エンプラのひとつとして分類される。
・PCより高い耐衝撃性(高温域から低音域に至るまで)
・優れた耐摩耗性と自己潤滑性(フッ素樹脂やPOMより大きい)
・耐薬品性、食品安全衛生性。
・比重0.92-0.94、軽い。
・吸水率が低い。(寸法安定)
・用途: 工業用部品(歯車、ガスケットなど)、農機具、ホッパー、義肢など


掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ