プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PVDF(ポリフッ化ビニリデン)樹脂 基本情報

PVDF(ピーブイディーエフ)樹脂の物性の基本情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. スーパーエンプラ
  6. PVDF

PVDF樹脂: 機械的強度が強いフッ素系樹脂

PVDF(ポリフッ化ビニリデン)の略号・名称

ポリフッ化ビニリデン PVDF 材料
  • 略号PVDF (Poly Vinylidene DiFluoride)
  • 名称ポリフッ化ビニリデン樹脂 (ポリビニリデンジフロライド樹脂)
  • 呼称ポリフッ化ビニリデン」又は「ピーブイディーエフ」と呼ばれる。
  • 外観乳白色半透明 ※2フッ化炭化水素。

 

PVDF(ポリフッ化ビニリデン)の化学式

(CH2CF2)n

PVDFの構造式

 

PVDF(ポリフッ化ビニリデン)の物性の特徴

長所

機械的強度に優れる (フッ素系樹脂の中では最高の強度。)
すぐれた耐薬品性
耐熱性 (他のフッ素系樹脂よりは落ちるが、連続使用温度150℃。)
加工性が良い (他のフッ素樹脂に比べて良い。溶接もOK。)
食品衛生性、UL規格(耐燃焼成・低発煙性が良い)、耐候性にすぐれる。

短所

アミン、ケトン、エステル、環状エーテル、アミド類に対して耐薬品性が悪い。

PVDFの加工の特徴

他のフッ素系プラスチックに比べて、加工性が良い。 特に溶接がしやすい。

 


掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ