プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

m-PPE(変性ポリフェニレンエーテル)樹脂 基本情報

m-PPE(変性ピーピーイー)樹脂の物性の基本情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. エンプラ
  6. mPPE

変性PPE: バランス良い機械的物性、良好な電気的特性

m-PPE(変性ポリフェニレンエーテル)の略号・名称

変性PPE 材料
  • 略号m-PPE (modified Poly Phenylene Ether)
  • 名称変性ポリフェニレンエーテル
  • 呼称変性ピーピーイー。米GE社の商品名「ノリル®」とも呼ばれる。
  • 備考また、発明当初の呼称「変性PPO」とも呼ばれる。

 

m-PPE(変性ポリフェニレンエーテル)化学式

m-PPEの構造式

左の化学式(構造式)は、2,6ジメチルフェニレンオキサイドを重合したPPE(ポリフェニレンエーテル)。

m-PPE(変性ポリフェニレンエーテル)は、PS(ポリスチレン)とのポリマーアロイ

 

PPE(ポリフェニレンエーテル)は、エーテル結合(-O-)を持つため耐熱性が高く、荷重たわみ温度が約190℃と高い。また、硬質で粘り強い特性がある。 低温でも耐衝撃性に優れ、幅広い温度帯で安定している。 その他、吸水性が小さく、耐クリープ性に優れ、自消性もある。 
ただし成形流動性が悪い。 そのため、PSとポリマーアロイを成し、成形流動性を良くしたm-PPEが用いられる。

m-PPE(変性ポリフェニレンエーテル)物性の特徴

軽い 基本グレード(PPE:PS=1:1)は、比重約1.06。エンプラで最も軽い。
バランスのとれた機械的性質
引張強さ、曲げ強さなどは、PPEよりは少し劣るが、PCやPOMと同等。
衝撃強さはABS、耐クリープ性はPCと同程度。
繊維強化などで強度UPグレードがある。
広い温度域で機械強度が安定 (耐熱性が良い)
荷重たわみ温度は、基本グレードで約128℃。(ガラス強化グレードは、約140℃)
電気的特性に優れる
広い温度域(-150~150℃)かつ広い周波数領域(60Hz~1MHz)で、低い誘電率と誘電正接を示す。(絶縁性に優れる)電気特性は、エンプラの中で最高レベル。
成形収縮率も小さく、寸法精度が良い。 PC、ABS並。非晶性のため。
酸・アルカリに強く、有機溶剤に弱い。耐熱水性は良い。
酸・アルカリなどの無機薬品に強い。
有機溶剤(トルエン、ベンゼン、四塩化炭素、ガソリンなど)に弱い。
耐熱水性 エーテル結合を主鎖にもち、加水分解耐性があるため、蒸気や熱水に強い。
無毒 医療器材や食品器材としても使用される。

 


【引用資料】 「プラスチック読本」(株式会社プラスチックス・エージ)
掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ