プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

汎用プラスチック プラスチックの物性

熱可塑性樹脂汎用プラスチックの種類と物性概要

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. 汎用プラスチック

汎用プラスチック Commodity Plastics

汎用プラスチックは、
安価で、大量生産され、生活用品として使用されるものが多く、プラスチック生産量の約8割を占める。

汎用プラスチックの種類

非結晶性の汎用プラスチック


結晶性の汎用プラスチック


汎用プラスチックの分子構造と性質

分子鎖(主鎖)が炭素Cのみで構成されるプラスチック。
エンプラ、スーパーエンプラなどに比べて、単純な構造で製造しやすい。 温度を上げると分子が動きやすく、即ち耐熱温度や機械的強度は劣る。

汎用プラスチックは、100℃程度で溶融するものが多い。

※汎用プラスチックの分類

  • 結晶性・非晶性: 上を参照
  • 5大汎用樹脂: PVC、高密度PE、低密度PE、PS、PP
  • 3分類: スチレン系(PS、AS、ABS)、オレフィン系(PE、PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)


  • 掲載情報のご利用について 
    上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
    プラスチック材料の取り扱いについて
    お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
    • 図面作成サービス
    • プラスチック加工サービス
    • 受付可能なCADデータ