プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

UF(ユリア)樹脂 基本情報

UF樹脂(尿素樹脂)の物性の基本情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱硬化性樹脂
  5. UF

UFユリア樹脂: 耐油・溶剤性、電気的特性に優れる

ユリア樹脂の略号・名称

ユリア樹脂 材料
  • 略号UF (Urea Formaldehyde Resin)
  • 名称ユリアフォルムアルデヒド樹脂
  • 呼称ユリア樹脂」又は「尿素樹脂」と呼ばれる。
  • 備考熱硬化性のアミノ樹脂の一つ。

 

ユリア樹脂の化学式

ユリア樹脂の構造式

尿素とホルムアルデヒドが酸性下(アルカリ性下)で重合反応により得られ、更に付加縮合反応を繰り返し、架橋高分子となる。

 

ユリア樹脂の物性の特徴

フェノール樹脂と並び古い歴史がある。 1920年頃、ドイツとイギリスで発明される。
熱硬化性樹脂の中では最も安い。

長所

安価 熱硬化性樹脂の中で、最も安価。
自由に着色できる 成形材料として鮮明な色に着色できる。
電気的特性に優れる 耐アーク性、耐トラッキング性に優れ、電気火災安全性ニーズの部品に使用。
難燃性 自消性である。
表面硬度が高い

短所

耐薬品性 (耐酸、耐アルカリ、耐水性に劣る。)
耐スチーム・熱水性が弱い (加水分解が起こる。)
寸法変化が大きい (吸湿、乾燥によって大きな変化がある。)
耐衝撃性が弱い (クラックが入りやすい。)


掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ