プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PCTFE(ポリクロロトリフルオロエチレン)樹脂 基本情報

PCTFE(ポリクロロトリフルオロエチレン)樹脂の物性の基本情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. スーパーエンプラ
  6. PCTFE

PCTFE: 半透明、耐熱PTFEより小、成形性が良い3フッ化樹脂

PCTFE(ポリクロロトリフルオロエチレン)の略号・名称

PCTFE 材料
  • 略号PCTFE (Poly Chloro Tri Fluoro Ethylene)
  • 名称ポリクロロトリフルオロエチレン樹脂 (3フッ化塩化エチレン)
  • 呼称ダイフロン®」と呼ばれる。(ダイキン工業株式会社の商標)
  • 外観自然色: 乳白色半透明

 

PCTFE(ポリクロロトリフルオロエチレン)の化学式

(CF2-CFCl)n

PCTFEの構造式

3フッ化塩化エチレン(クロロトリフルオロエチレン)の重合体。

(トリクロロトリフルオロエタンのメタノール中での脱塩素によって合成し、そのポリマーは有機化酸化物を開始剤として得られる。)

 

PTFE(ポリクロロトリフルオロエチレン)の物性の特徴

優れた耐薬品性に加え、耐熱性、透明性を持つ。引張強度も強いため、化学薬品工場などで、腐食性の強い薬液などの導管等として利用される。

長所

すぐれた耐熱性 (PTFEよりは劣る。)
すぐれた低摩擦特性 (あらゆる物質の中で最も摩擦が少ない。)
電気的特性が良い (低い誘電率および誘電正接。絶縁材として優れる。)
吸水率0%
非粘着性 (あらゆるものが粘着しにくい。->フライパンなどに利用。)
耐候性

短所

成形性が悪い (熱流動性がよくない)
放射線によって脆化する (放射線によって重合度が低下する。)


PCTFE樹脂の加工の特徴

難加工剤。 熱流動性が悪く、成形が難しいため、粉末圧縮加温によって行われる。
充填剤を入れたPTFEの板材などは、機械加工が可能。

 


掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ