プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PEEK(ピーク)樹脂の物性 基本情報

PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)樹脂の物性の基本情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. スーパーエンプラ
  6. PEEK

PEEK樹脂: スーパーエンプラの代表格、バランス良い物性

PEEK樹脂の略号・名称

PEEK 材料
  • 略号PEEK (Poly Ether Ether Ketone)
  • 名称ポリエーテルエーテルケトン樹脂
  • 呼称ピーク」と呼ばれる。
  • 外観自然色: 灰色、または薄茶かかった灰色

 

PEEK樹脂の化学式

PEEK樹脂の構造式

ベンゼン環がエーテル結合とケトン結合によってつながるポリマー。

 

PEEK樹脂の物性の特徴

ケトン系プラスチック、更にスーパーエンプラの代表格である。 高価であるが、耐熱性、機械的強度、耐薬品性など優れた熱可塑性高機能プラスチック。

長所

抜群の耐熱性、高温特性 連続使用温度約250℃
高い機械的強度 衝撃、引張、クリープ、疲労、磨耗に強い
耐薬品性に優れる 濃硫酸以外の酸、アルカリ、有機溶媒にも強い
燃えにくい。発煙しにくい。
耐スチーム性 高温水蒸気下でも加水分解を起こさない
耐放射線性 放射線による劣化が起こりにくい
優れた電気絶縁性

短所

高価である。

加工性の特徴

マシニング加工(機械加工)、成形、溶接加工可能。 曲げ加工×。


掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ