プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PA66(66ナイロン)樹脂 基本情報

N66(66ナイロン)樹脂の物性の基本情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. エンプラ
  6. PA66

66ナイロン: エンプラ・繊維として活躍、ポリアミド系で最強

PA66(66ナイロン)の略号・名称

ポリアミド66 PA66 材料
  • 略号PA66 (Polyamide 66)
  • 名称・呼称ポリアミド66 「66ナイロン」と呼ばれることが多い。
  • 備考ポリアミド系樹脂の総称として商品名「ナイロン」が使用されている。
  • 外観薄黄色

 

PA66(66ナイロン)の化学式

[CO(CH2)4CONH(CH2)6NH]n

66ナイロンの構造式

アミド結合(-CONH-)の繰り返しによって構成される線状の高分子化合物。

 

(※アミド結合は、たんぱく質でも見られるが、この場合ペプチド結合と呼ばれる。)
(※主に脂肪族からなるものは「ナイロン」とよばれ、芳香族をもつものは「アラミド」とよんでいる。)

 

PA66(66ナイロン)の物性と特徴

ナイロン66は、世界初の合成繊維として知られる。 米国デュポン社の研究者カロザースが発明。 天然の絹糸に替わる合成繊維を作る目的で開発された。

ナイロン66は、ポリアミド系樹脂の中では結晶化度が高く、物性のバランスがとれたエンプラでもあり、ナイロン6と比較すると、耐熱性、機械的強度において、より優れた値を示す。

機械的強度のバランスが良い
ナイロン系樹脂(ポリアミド系樹脂)の中では、最も優れた機械的強度がある。
耐薬品性 ガソリン・オイル等の有機溶剤に対して、優れた耐性がある。
充填剤により強化可能
ガラス繊維などを充填して、機械的強度・剛性・熱変形温度などを大きく向上させることが可能。
食品衛生性 食品衛生法に適する。

掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ