プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PAR(ポリアリレート)樹脂 物性表

PAR(ポリアリレート)樹脂の物性の詳細情報について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. スーパーエンプラ
  6. PAR
  7. 物性表

PAR樹脂: 透明プラスチックでは最高レベルの耐熱性

PAR(ポリアリレート)の略号・名称

ポリアリレート PAR 材料
  • 略号PAR (Poly Arylate)
  • 名称ポリアリレート樹脂
  • 外観透明(ポリカに匹敵する:透過率89%)

 

PAR(ポリアリレート)樹脂の物性値 (引用資料*2)

  単位

物理的性質

比重 1.21-1.33
硬度 (ロックウェル) R120-125

機械的性質

引張降伏応力 MPa 64-77
破断ひずみ % 40-350
引張弾性率 MPa
アイゾッド衝撃強さ KJ/m2 2.9-29
シャルピー衝撃強さ KJ/m2
圧縮降伏応力 MPa
曲げ応力 MPa 78-110
テーバー式耐磨耗 mg/1000

熱的性質

耐熱温度 (連続)
荷重たわみ温度 (0.45/1.8 MPa) - 170-175
脆化温度
線膨張率 10-5K-1 6.1-6.3
熱伝導率 W/m·K 0.24
耐熱性 自己消火

電気的性質

体積抵抗率 Ω·cm 1018
耐電圧 MV/m 30-40
誘電率 106Hz 3.0

化学的性質

耐酸性 4段階
耐アルカリ性 4段階
耐溶剤性 4段階 ×
吸水率 % 0.15-0.26

光学的性質

屈折率 1.61
透明性 透明
耐候性

【引用資料*2】 「物性と設計」(タキロン株式会社発行)より引用。
掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ