プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチック接着・溶接・曲げ加工

プラスチック溶接加工二次加工

プラスチック加工のコストダウンには欠かせない職人技術、プラスチック溶接加工。

  1. HOME
  2. プラスチック加工
  3. 溶接 · 接着 · 曲げTOP
  4. 溶接加工

プラスチック板・パイプなどを接合する技術。 株式会社KDAでは、難溶接プラスチック材質についても溶接可能です。

プラスチック溶接加工とは?

• パーツと同じ材質のプラスチックを溶融して接合。

プラスチック溶接加工

左は、ホットジェットガンによる熱風で、高質塩化ビニル(PVC)の板と、同質の溶接棒を加熱溶融し、複数の塩ビ板を接合しているところです。

※ 同質のプラスチック同士が溶融して、強固な接合となります。

溶接対応プラスチック材質
可能な難溶接プラスチック材質

• プラスチック溶接の強度について

プラスチック溶接強度試験

上記、溶接可能なプラスチック材料について、社内で溶接試験片を作り、その強度を実際にテストしてみました。 試験結果は右のリンクよりどうぞ。

プラスチック溶接加工の場面

PP樹脂の溶接

PPパイプを輪切りした上下に(別色)の蓋とスリーブを溶接で構築。

PPS樹脂の溶接

難溶接材PPSの基本部品の上に新たにパーツを溶接で接合。

PVC樹脂の溶接

PVC塩ビパイプ輪切りの一部に回転軸部品を溶接で接合。

PVC(耐熱)樹脂の溶接

PVC耐熱グレードパイプの側面に短く切ったパイプを複数溶接で接合。

PVC樹脂ケースの溶接

PVC製水流検査装置の透明箱を透明の溶接棒で溶接して固定。

PP樹脂の溶接

PPの板材を溶接して作った水槽の水漏れ試験。

 

プラスチック溶接加工の製品画像

溶接技術によるプラスチック製品の画像はこちらのページをご覧ください。