プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチック接着・溶接・曲げ加工

プラスチック曲げ加工二次加工

プラスチック加工のコストダウンには欠かせない職人技術、プラスチック曲げ加工。

  1. HOME
  2. プラスチック加工
  3. 溶接 · 接着 · 曲げTOP
  4. 曲げ加工

プラスチック板・パイプなどを曲げる技術。 株式会社KDAでは、難溶接プラスチック材質についても溶接可能です。

KDAで可能なプラスチック曲げ加工

• 加熱 → 軟化させて正確に曲げます!

プラスチック曲げ加工

熱可塑性樹脂は加熱すると軟化し、外力により変形出来ます。

軟化したプラスチック板やパイプ材を、左様の型(冶具)に合せ変形させることによって、正確な曲がった形状を得る事が出来ます。

対応プラスチック材質

• KDAのプラスチック曲げ加工でできること。

プラスチック曲げ加工の種類

V曲げ形状は、ヒーター棒(下の写真)を使って局部を加熱して行います。 また、Rやパイプ形状などは正確なRや円筒形状の型(冶具)を作り、炉で全体を加熱しながら行います。 パイプの曲げも同様ですが、つぶれない工夫をして正確に曲げます。

プラスチック溶接加工の場面

PC(ポリカ)樹脂の曲げ

PC(ポリカ)板1mm厚をヒーター棒で加熱して曲げ。

PVC樹脂の曲げ

PVC(塩ビ)板5mm厚にV溝を入れ、ヒーターで加熱して120°に曲げ。

PVC樹脂の溶接

PC(ポリカ)板1mm厚を型でR状に曲げ、各パーツを接着。

PVC(耐熱)樹脂の溶接

PVC透明耐熱グレード板材をヒーター棒で加熱して曲げ。

プラスチック曲げ加工の製品画像

曲げ技術によるプラスチック製品の画像はこちらのページをご覧ください。