プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

プラスチック・樹脂の用語解説 た行

プラスチック(樹脂)やプラスチック加工に関する業界用語・専門用語を解説

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 用語解説
  4. た行
  5. 耐燃性

耐燃性 ( Burning resistance )


プラスチックが燃焼に耐え得る性質をいう。 
耐燃性を表す程度の分類は、以下のとおり。

不燃性

燃焼が継続しない。(JIS K9611のA法: 12.7mm × 12.7mm × 127mmの試験片に30秒間炎にさらし、取り去った後180秒以内に炎が消え、燃焼しした長さが25mm以下の時に"不燃性"とする。)

難燃性

燃焼速さが遅く、ある程度の時間燃焼する性質。

自己消火性

炎にさらすと燃焼するが、炎を除去すると消火する性質。 JIS K9611の条件では、炎を除去した後180秒以内に消火し、燃焼した長さが25mm以上100mm以内。

遅燃性

燃焼速さが遅く、自己消火性はない。


その他、アメリカのUL規格によって成される分類もある。

た行のTOPへ