自社開発技術イメージ

SMARTBOT MILLING™(スマートボットミーリング™)

工作機械とロボットによる完全自動加工サービス

  1. HOME
  2. プラスチック加工
  3. 自社開発技術
  4. スマートボットミーリング

人材不足、納期、コストを解決するメソッド

近年、製造業は、安い物価と人件費を求めて海外移転が進み、国内は空洞化の一途を辿ってきました。また、高品質の国産品は値段が高いためスムーズな導入ができず、海外製の低価格品を求めてしまう。その結果、国産のものがついに無くなってしまった、という話が様々な分野であります。株式会社KDAは、モノづくり日本の勢いをもう一度取り戻し、良いものを導入可能な現実的な価格で提供したいという信念の下、工場のDX化、ロボット導入による自動化を進めています。

ロボットによる工作機械オペレーションのメリットは

  •  小ロット多品種でも自動化する独自システム

    小ロット製造にも自動化対応

    一般的にロボットを用いた製造は、大量生産向きですが、弊社では少量多品種の製造においても、ロボットを用います。

    異なる形状のものを連続的に自動加工できるノウハウを日々構築しています。

  •  24時間稼働します

    24時間対応

    工作機械は自動で切削作工程を行いますが、最初に材料を定位置に固定して加工を開始、その後に取り外す作業は人の操作が必要です。

    そのため、稼働時間は限られてしまいます。しかし、この作業をロボットにまかせることで、24時間のオペレーションが可能になります。

  •  生産性の大幅アップ

    生産性大幅アップ

    ロボットによる24時間稼働により、夜間、土日休日のデッドタイムも無人で稼働できるようになります。

    単位期間内の生産量がアップし、従来の固定費の割合が下がるため、生産性は大きく上がります。

  • これまでの最短納期を更に短く

    精密金型のイメージ

    限られた人材のみの生産と、24時間稼働できるロボットを導入した生産では、その生産性に大きな差が出ます。短納期ニーズが増える中、効力を発揮します。

  • 人材不足の解消

    年々拡大する、労働生産性人口の減少。圧倒的な人口と低賃金で優位に立つ海外勢に対抗するため、是が非でもロボットの導入、活用を進めています。