プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

プラスチック・樹脂の用語解説 な行

プラスチック(樹脂)やプラスチック加工に関する業界用語・専門用語を解説

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 用語解説
  4. な行
  5. 熱可塑性プラスチック

熱可塑性プラスチック ( Thermoplastics )


熱を加えると軟らかくなり、冷却するとまた硬くなるプラスチック。

加熱してやわらかくし、外力によって変形させ、加熱と外力を除去してもその形状を保持する。 

成形中のような加熱過程で化学変化が起こらないため、品質が安定しており、リサイクルが可能である。

(⇔熱硬化性樹脂: 熱を加えると硬くなる。)

熱可塑性樹脂には・・・

汎用プラスチック、エンジニアリングプラスチック、スーパーエンプラなど、ほとんどのプラスチックが「熱可塑性樹脂」である。

一方、熱硬化性樹脂には・・・

フェノール、ユリア、メラミン、不飽和ポリエステル、エポキシ、シリコン、ポリウレタンなどがある。

な行のTOPへ