プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

プラスチック・樹脂の用語解説 た行

プラスチック(樹脂)やプラスチック加工に関する業界用語・専門用語を解説

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 用語解説
  4. た行
  5. 耐アーク性

耐アーク性 ( Arc resistance )


アーク放電(大電流低電圧放電)による材質の劣化に対する耐性をいう。

一般的に樹脂の表面でアークを発生させると、その高温により分解・炭化する。はじめは電極付近で起き、最終的に電極間に炭化した導電路ができる。(アークトラッキング)

耐アーク性は、このトラッキングが起こってアークが消滅するまでの時間を測定して比較する。(JIS K 6911-1979)

耐アーク性が強いプラスチックは、ベンゼン環を含まず、主鎖の途中にN、Oなどの元素が結合したアミノ樹脂などであり、耐アーク性が弱いプラスチックはフェノール樹脂である。

※アーク放電
電位差のある電極間の気体に継続的に発生する絶縁破壊(放電)の一種。
基本的に、低電圧、高電流の状態で発生する。

た行のTOPへ