プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

プラスチック・樹脂の用語解説 さ行

プラスチック(樹脂)やプラスチック加工に関する業界用語・専門用語を解説

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 用語解説
  4. さ行
  5. セルロイド

セルロイド Celluloid


ニトロセルロースに可塑剤として樟脳を加えて合成されるプラスチック。
ピンポン玉やギターのピックの原料として用いられる。

1870年、アメリカのハイアットが実験中に薬液(コロジオン)をこぼして、その薬液が固まったことから、当時流行していたビリヤードの象牙製の球の代替品として製造した。

発見されてから、20世紀半ば頃まで、人形、おもちゃ、めがねのフレーム、万年筆、写真フィルムなどとして使われていた。

燃えやすいという欠点があり、セルロイド製のフィルムを上映していた映画館での火災が相次ぎ、市場から姿を徐々に消していった。

  •  

さ行のTOPへ