プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

プラスチック・樹脂の用語解説 さ行

プラスチック(樹脂)やプラスチック加工に関する業界用語・専門用語を解説

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 用語解説
  4. さ行
  5. シリコン樹脂

シリコン樹脂(SI)


通常のプラスチック(高分子)は、-C-C-を結合基本とするが、シリコンは-Si-O-からなる。 無機物と有機物の中間的な性質を示す。 熱硬化性樹脂

耐熱性(連続使用250℃、充填材で300℃以上)が高い。
電気的特性(絶縁性、耐アーク性など)が良い。
耐薬品性が良い。 耐油性は悪い。
撥水性がある。 非粘着性である。
耐寒性が良い。(-75℃)

シリコンゴムとしての用途は、パッキング、ホース、哺乳瓶の乳首として。
シリコンオイルとしての用途は、潤滑用グリース、衣料柔軟材、化粧品など。
充填剤を添加して、積層板用樹脂、コーティング材として使用。
シリコン樹脂として、高温多湿環境下で使う電気部品、プリント基板、絶縁材料など多くの分野で活用されている。

さ行のTOPへ