プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

プラスチック・樹脂の用語解説 わ行

プラスチック(樹脂)やプラスチック加工に関する業界用語・専門用語を解説

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 用語解説
  4. わ行
  5. ワイヤーカット

ワイヤーカット(放電)加工


加工電極に電気を流して、被加工体である金属(導電体)との間に放電を起こすことによって被加工体が溶融し加工する工法を放電加工といい、特に、加工電極をワイヤーとし、電気を流して放電加工を行い、被加工体をカットしていくことをワイヤーカット(放電)加工という。

一般的には誘電体(絶縁体)である水や油などに浸漬して安定的に放電加工が行われる。

ワイヤーカット(放電)加工は、プラスチック成形の金型を製造する際によく用いられる製造方法である。

  • プラスチック用語解説:「放電加工」を参照。

わ行のTOPへ