プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

樹脂の特徴と用途 [エンプラ] プラスチックの基礎

エンジニアリングプラスチック(熱可塑性樹脂)の長所・短所・用途についての一覧表

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 特徴・用途(エンプラ)

 

 

エンジニアリングプラスチック(熱可塑性樹脂)

PA ポリアミド(ナイロン)
機械的強度、耐摩耗性、耐薬品性、耐熱性良好
吸湿性が大きく寸法安定性が劣る
歯車、軸受、戸車、パイプ、衣料品、合成繊維、耐磨耗用品
POM ポリオキシメチレン(ポリアセタール)
疲労しにくい、クリープが低い、寸法安定性、剛性、耐摩耗性、電気絶縁性良好
不透明しかできない
キャビネット、歯車、スプリング、ビス
PC ポリカーボネート
耐衝撃性、寸法安定性、電気的特性、耐熱性、耐寒性、無毒性、無色透明
耐薬品性悪
キャビネット、歯車、各種容器、のぞき窓、テレビレンズ、工業用機器
m-PPE 変性ポリフェニレンエーテル
機械的強度(クリープ特性、疲労特性など)、成形性軽量
有機溶剤
精密事務機器のハウジング
PBT ポリブチレンテレフタレート
摺動特性(摩擦、磨耗)、耐衝撃性、電気絶縁性
加水分解、耐熱性(非強化)
電気、電子部品用途、自動車、電装部品
U-PE 高分子量ポリエチレン
耐摩耗性、耐衝撃性、すべり特性、非粘着性、耐薬品性
線膨張係数大、非接着性
シュート・サイロ・バンカー等のライニング、製紙機器部品、食品産業機械部品、スポーツレジャー用品
【出典】 タキロン工業用材料「物性と設計」 (※転載許可を頂いております。)