プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
樹脂成形-スマート成形

樹脂成形スマート成形®(工程・しくみ)

小ロット樹脂成形に最適な「スマート成形®」の工程のしくみをご紹介します。

  1. HOME
  2. プラスチック加工
  3. 成形加工
  4. スマート成形
  5. 製造工程
スマート成形の工程イメージ

スマート成形®の製造工程

上の図は、スマート成形®工程のイメージを表していますが、とてもシンプル。 従来の超鋼金型を用いず、自前で型を製造して、用いる材料ペレットに無駄を出さない、というのが特徴です。

 

スマート成形の工程(型製造)

専用成形型を機械加工で製造

従来の高価な金型は使用しません。用いるプラスチックペレット材の熱的性質、複雑さ、個数などを考慮して、成形型の材質、製造方法(※左図では機械切削加工)を検討します。

スマート成形の工程(樹脂ペレットをインジェクション)

必要分の樹脂ペレットを射出成型(インジェクション)

製品で使用する材料、プラスチックペレットを必要分だけセッティングし、溶融しながら成形型にインジェクションします。 スマート成形専用の成形装置を使用するため、必要量のみでOK。材料の余分はいりません。

スマート成形の工程(冷却固化して離型)

冷却固化した後、離型

インジェクション後、冷却、固化したら離型します。
その後の仕上げ加工などはいりません。

スマート成形の工程(成形品の完成)

樹脂成形品の完成

複雑形状も、表面が滑らかな製品も、離型後の製品は完成品として使用することができます。

【ご注文時のアドバイス】 (スマート成形®を有効にご利用いただくために)
従来の射出成形用の図面などをそのままスマート成形®に用いるよりも、スマート成形®において施工しやすい形状がありますので、ご相談の上、問題が無ければ設計変更を行わせていただきます。  
(参考:スマート成形®の設計について

比較(樹脂と各種成形方法)
成形型の基礎
成形用語
成形加工TOP