プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PUR (ポリウレタン)樹脂 用途・製品画像

PUR(ポリウレタン)樹脂の製品画像と用途について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱硬化性樹脂
  5. PUR
  6. 用途・製品

ポリウレタン樹脂: 繊維、ゴム発砲体、塗料、接着など多様

PUR ポリウレタン樹脂の略号・名称

PUR ポリウレタン樹脂 材料
  • 略号PUR (Poly Urethane resin)
  • 名称ポリウレタン樹脂
  • 呼称一般的に「ウレタン」と呼ばれる。
  • 備考※写真は、硬質ウレタンフォーム。

 

ポリウレタン樹脂の用途

発泡体(軟質): クッション性、耐久性あり、家具、寝具、靴、自動車シートなどに使用。
発泡体(硬質):
耐熱性、機械的強度が大きいため、断熱材、構造材として家屋、工場、プラントなどで使用。
熱硬化性タイプ:
注型(タイヤ、ベルト、靴底、パッキンetc)、成形(ローラー、機械部品)、繊維強化(バンパーなど自動車部品)
熱可塑性タイプ: 成形(バンパー、歯車、油・圧縮空気搬送用チューブ、合成皮革)
塗料: 床用、船舶用、防食用、金属塗装、自動車・航空機塗装用など。
接着剤: ポリウレタン同士の接着、自動車・建材の接着。
繊維: 伸縮性、耐摩耗性、染色性が良いので、肌着、水着、スキーウェアなど。

ポリウレタン樹脂の加工品画像

  • noimage

     

 

掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ