プラスチック加工・樹脂加工の専門サイト KDAのプラスチック加工技術
プラスチックの基礎知識

PMMA(アクリル)樹脂 用途・製品画像

PMMA(ポリメタクリル)樹脂の製品画像と用途について

  1. HOME
  2. プラスチックの基礎
  3. 物性
  4. 熱可塑性樹脂
  5. 汎用樹脂
  6. PMMA
  7. 用途・製品

PMMAアクリル樹脂: 抜群の透明性、水族館の水槽にも使用

PMMA(アクリル)の略号・名称

アクリル PMMA 材料
  • 略号PMMA (Poly Methyl Methacrylate)
  • 名称ポリメチルメタクリレート樹脂 (ポリメタクリル酸メチル樹脂)
  • 呼称アクリル」と呼ばれる。 英語では「Acrylic Resin」。
  • 外観自然色: 透明。(4大透明樹脂の一つ)

 

PMMA(アクリル)の用途

風防ガラス ガラス以上の透明性、耐水、耐候、耐衝撃性を活かし、航空機、船舶、自動車などの窓
水槽 重合接着による厚みのある巨大水槽
光学・照明 レンズ、照明器具、ディスプレー、看板
その他 時計のガラス代替、計器カバー、アクセサリーなど

PMMA(アクリル)加工品画像

  • アクリル(ポンプ部品):マシニング加工+接着+バフ

    アクリル透明
    NC旋盤+マシニングセンタ+バフ
    ポンプ部品

  • アクリル(大型レンズ):NC旋盤加工+バフ

    アクリル透明
    NC旋盤+バフ
    光学部品

  • アクリル(展示用モーターケース):マシニング加工+バフ

    アクリル透明
    マシニング+接着+バフ
    モータケース

  • アクリル(ポンプ部品):マシニング加工

    アクリル透明
    マシニング+バフ

  • アクリル(工学部品):マシニング加工+バフ

    アクリル透明
    マシニング加工+バフ
    光学部品

 

掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。 設計・製造の際は、各材料メーカーより直接情報を入手されることをお勧めいたします。
プラスチック材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
  • 図面作成サービス
  • プラスチック加工サービス
  • 受付可能なCADデータ